広島陸協は23日、天皇杯第22回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会(ひろしま男子駅伝=日本陸連主催、中国新聞社、NHK共催)と、皇后杯第35回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会の広島県代表を発表した。

 男子は10人で、一般は鎧坂哲哉選手(旭化成、世羅高出)が8年連続でエントリー。円井彰彦(マツダ)、工藤有生(駒大、世羅高出)の両選手も名を連ねた。高校生は吉田圭太選手ら全国高校駅伝で3連覇を狙う世羅高勢で固めた。中学生は植野泰生選手(熊野東中)らが選ばれた。

 女子は13人。一般は小吉川志乃舞選手(ユニバーサルエンターテインメント、世羅高出)ら3人が出場し、世羅高勢は向井優香選手ら6人。中学生...    
<記事全文を読む>