第24回全国中学校駅伝は18日、滋賀県野洲市および湖南市の希望が丘文化公園スポーツゾーン特設コースであり、男子(6区間18キロ)は兵庫代表で初出場の平野(神戸市)が57分31秒で初の頂点に立った。兵庫勢男子の優勝は2013年に2連覇した加古川山手(加古川市)以来、3年ぶり5度目。

 大歓声のトラックに飛び込んできたのは、前半10位の平野だった。勢いが止まりかけたアンカー上仮屋の背中に後続が迫ったが、「これじゃあかん」と奮い立ち、もがくようにフィニッシュ。初の全国舞台で日本一の称号を勝ち取った。

...    
<記事全文を読む>