県大会メンバーの福本をけがで欠いた男子の静岡安東は、1区から主力5人を並べた。33位に終わったが、5区までは21位と健闘。1区のエース大塚は「力は出し切った」と振り返った。

 大塚は全中3000メートル覇者ら各校エースがそろう区間で20位だったが、試走より約20秒速い9分32秒と粘った。2区曽根も「大塚が予想どおりの順位で来てくれた。焦らず自分の走りができた」と区間14位で4人抜き。初出場の原動力になった2人が食らい付いた。

 全国の壁は高かったが、昨年県大会12位から1年間で大きく成長した充実感がある。「チームとして満足できる結果」と曽根。大塚は「この経験を生かし、全国高校駅伝に出場して...    
<記事全文を読む>