6年連続のオープン出場となる今回は初日13区間、2日目は小学生特別区間(2区間)を含む14区間、最終日全11区間でたすきをつなぐ。6人中5人が初出場となった中学生男子など若手の人材発掘が奏功し、過去最多計38区間でのエントリーが実現した。

 前回、最終日を4時間21分40秒で走り切った。このタイムを縮めることが最大の目標となる。初日、2日目を含めて軸となるのが、長距離区間での起用が予想される山本、臼田、藤の一般勢だ。

 山本は3日の徳島中長距離記録会5000メートルで今年自己ベストの16分14秒33をマークするなど好調を維持。スタミナ十分の臼田は最終日のエース区間での力走に期待が懸かる。藤...    
<記事全文を読む>