第57回郡市対抗県内一周駅伝大会(佐賀新聞社・佐賀陸上競技協会主催)の第1回監督会議が13日、佐賀新聞社であり、来年2月17~19日に33区間270・1キロでレースを行うことなどを確認した。

 会議には、チームの監督や関係者ら約30人が参加。佐賀陸協の末次康裕会長、佐賀新聞社の蕪竹真吾営業局長が「多くの県民に応援してもらえるような熱い走りを期待したい」と呼び掛けた。事務局からは、昨年に準じたコースになることや選手の参加資格など注意点が伝えられた。

 大会は2月17日午前9時に基山町役場前をスタート。県内13チームのランナーがたすきをつなぎ、19日の佐賀新聞社前ゴールを目指す。
...    
<記事全文を読む>