【宇都宮】毎年末にユニークなマラソンに取り組む桜4丁目、病院事務職員生井俊昭(なまいとしあき)さん(39)が、今年は30日から元日までの3日間で名古屋市から大阪市までの225キロを走り抜く「勝手に大坂の陣」に挑戦する。2014年年末には名古屋城~皇居、昨年は皇居前~日光東照宮をコースに選定しており、「いずれも徳川家康(とくがわいえやす)公になじみのあることから、家康3部作となる」と生井さん。「今回は1日70キロのペースで完走したい」と準備を進めている。

 作新学院高、弘前大時代は全く陸上競技と縁のなかった生井さん。6年前、ダイエットとして始めたランニングの魅力にとりつかれたという。以後、...    
<記事全文を読む>