10月30日に県内外の約1万3千人が参加した「富山マラソン2016」の実行委員会(会長・石井知事)が13日、県民会館であり、来年10月29日の日曜に次回大会を行うことを決めた。金沢マラソンと同日の開催となる。フルマラソン、車いす、ジョギングの3種目で、定員や制限時間も変えず、来年4月上旬から随時募集を始める。

 金沢マラソンは今年、富山マラソンの1週間前に当たる10月23日に行われた。来年は同日開催となることについて、実行委は「両大会を走るランナーはほとんどいなかったので、参加者の確保は心配ない」とした。一方、金沢マラソン参加者が県内に泊まることを見越し、今後宿泊場所の確保に向けた対策が...    
<記事全文を読む>