静岡陸上競技協会は12日、来年1月の全国都道府県対抗駅伝の静岡県代表男子12人、女子13人を発表した。男子一般に大学駅伝3冠に王手をかける青学大の主力、下田裕太(加藤学園高出)を選出した。ふるさと出場枠は男子が梶原有高(厚木市陸協、藤枝明誠高出)、女子は井上藍(ノーリツ、常葉菊川高出)が入った。大会は女子が1月15日に京都(9区間、42・195キロ)、男子が同22日に広島(7区間、48キロ)で争う。

 前回20年ぶりに入賞した男子は、下田が高校3年以来のメンバー入り。2月の東京マラソンで10代最高記録をたたき出した健脚への期待は大きい。梶原は都道府県駅伝は前回まで神奈川県代表で出場するな...    
<記事全文を読む>