広島県世羅町の住民主体で3月に開いてきた世羅ハーフマラソン大会が、来年は最長10キロの「世羅しらさぎマラソン大会」に規模を縮小する。コースを誘導する走路員の確保が難しいのが主な理由。関係者は早期のハーフ復活を目指し、確保策を模索する。

...    
<記事全文を読む>