岡山陸協は7日、来年1月に行われる男女の全国都道府県対抗駅伝の岡山県選手団を決めた。女子は3年ぶりの入賞、男子は10位以内を目指す。

 前回11位の女子(1月15日・京都=9区間42・195キロ)は隙のない陣容。一般は、昨夏の世界選手権1万メートル代表で主将の小原をはじめ、先の全日本実業団対抗駅伝で6位入賞した天満屋勢を中心に実績十分のメンバーがそろった。高校は青木ら興譲館勢のほか、1500メートル、3000メートルの2種目で岩手国体に出場したスピードランナー三宅(光南)らを選出。中学は全国中学校大会1500メートルで3位に食い込んだ山本(琴浦)らが名を連ねた。

 前回14位だった男子(1...    
<記事全文を読む>