難病を克服し、一度は諦めたフルマラソン完走を果たした60代の女性。32回目のNAHAマラソンはことしも多くのドラマを残して幕を閉じた。

 全身の運動神経がまひする難病ギラン・バレー症候群を克服した表光代さん(66)=千葉県=が発症から10年目で、昨年に続き42・195キロを完走した。まぶたさえ動かせなかった状態からの回復を喜び、「同じ病気で苦しんでいる人に、やればできるんだと伝えたい」と目を潤ませた。

 原因不明で発症したのは10年前。重症化し、7カ月間人工呼吸器を付けて寝たきりの状態になった。「体のどこにもまったく力が入らず、まぶたを閉じることもできなかった」。闘病を経て奇跡的に回復。2...    
<記事全文を読む>