第37回ランニング桜島(南日本新聞社など主催、NTT西日本特別協賛)は4日、鹿児島市の桜島溶岩ランニングコースであった。県内外から昨年より1300人多い約3600人が出場。雄大な景色を楽しみながら冬の桜島路を快走した。

 曇り空の下、カラフルなウエア姿の参加者らは5キロ、10キロなど3コースに分かれ、それぞれのペースで心地よい汗を流した。

...    
<記事全文を読む>