湘南地域の海沿いを駆け抜ける第11回湘南国際マラソンが4日、開かれた。フルマラソンには約1万9千人が出場し、潮風と沿道からの声援を浴びながら力走した。

 午前9時スタートのフルマラソンは、西湘バイパス大磯西インターチェンジ(IC)付近から藤沢方面へ進み、江の島入り口で折り返し。復路は西湘二宮ICで再び折り返し、大磯プリンスホテルでフィニッシュするコースで実施した。

 今年は35キロ地点にある大磯港ICの給水所が、湘南の名産や地元の逸品を味わえる「湘南HAPPY給水」ポイントに。湘南しらすを使ったユッケ丼や、ミカン湘南ゴールドを使用した栄養ドリンクなどを提供した。疲れを癒やされたランナーは、...    
<記事全文を読む>