第17回「全国車椅子マラソン日産カップ追浜チャンピオンシップ」は4日、京急線追浜駅前を 発着点にハーフマラソン(21・0975キロ)とチャレンジレース(7・0325キロ)を行い、今夏のリオデジャネイロ・パラリンピック日本代表をはじめ男女計35選手が順位を競った。

 ハーフマラソンは、日産自動車追浜工場(横須賀市夏島町)内を含む1周約7キロのコースを3周。コーナーが多く高い操車技術が必要とされるが、選手は冬の暖かな日差しと沿道からの声援を受けてベストを尽くした。

 男子の部は、前年覇者の鈴木朋樹選手(22)=千葉市=がゴール前のデッドヒートを制し、大会新記録の43分44秒で優勝。「積極的に前...    
<記事全文を読む>