第32回NAHAマラソン(主催・那覇市、南部広域市町村圏事務組合など)は4日、那覇市の国道58号明治橋交差点前からスタートし、中間の平和祈念公園など本島南部を巡り奥武山陸上競技場にゴールする42・195キロで覇を競った。男子はフルマラソン初出場の照屋友貴(23)=糸満市=が2時間31分01秒で、県勢として7年ぶりの頂点に立った。女子は廣瀬光子(42)=東京=が大会初の5連覇を飾った。

 大会には2万6573人(男子2万65人、女子6508人)が出場した。6時間15分の制限時間内に1万4138人(男子1万1448人、女子2690人)が完走した。完走率は53・2%で、前年を15・5ポイント下...    
<記事全文を読む>