平成新山島原学生駅伝(第34回九州学生駅伝対校選手権、第16回九州学生女子駅伝対校選手権)は3日、男子が島原市営陸上競技場-島原文化会館の7区間57・8キロ、女子が同競技場発着の5区間22・85キロのコースで行われ、男子は第一工大(鹿児島)が3時間3分18秒の大会新で2連覇を達成した。日本文理大(大分)が2位。女子は福岡大が1時間17分21秒で3年連続の優勝、初出場の活水女大が1時間21分46秒で2位に入った。

 男子の第一工大は本県出身の3人が出走した。第3中継所では川棚高出身の3区嵜本浩士から、松浦高出身の4区中山繕勧に首位でたすきリレー。諫早農高出身の6区井上大雅は区間賞の快走で後...    
<記事全文を読む>