伊勢市朝熊町の県営サンアリーナを主会場に、三日に開幕した「野口みずき杯中日三重お伊勢さんマラソン」(市、県、中日新聞社などでつくる実行委主催)。初日はウオークの部などに参加した三千三百人が、冬晴れの伊勢路を満喫した。同市出身のアテネ五輪女子マラソン金メダリストの野口みずきさん(38)も声援を飛ばした。

 この大会のため、現住地の中国・上海から駆けつけたという野口さんは、発着点のサンアリーナ内のステージで「しっかりと前を向いて、伊勢の空気を楽しんで」とあいさつ。ウオークの部では、参加者が坂を上って工業団地「サン・サポート・スクエア伊勢」を周回した後、五十鈴川を渡り、朝熊山麓公園付近を巡って...    
<記事全文を読む>