「第7回古宇利島マジックアワーRUNin今帰仁村」が来年4月15日、沖縄県今帰仁(なきじん)村総合運動公園を発着点に開かれる。実行委員長の喜屋武治樹村長らが1日、同運動公園体育館で会見し「夕日が最も美しい時間帯『マジックアワー』を楽しみながら走ってほしい」と出場を呼び掛けた。応募期間は1日から来年1月31日まで。

   日本陸連公認コースのハーフマラソン(21・975キロ)で、海の絶景が広がる古宇利(こうり)大橋やワルミ大橋を渡る。夕暮れの時間帯に走るため、午後3時半にスタートする。

 会場内には託児所を設置。走った後のふれあいパーティーでは、村の特産品などが当たる抽選会もある。

 定員は4...    
<記事全文を読む>