リオデジャネイロ・パラリンピックの女子マラソン(視覚障害)で銀メダルに輝いた道下美里選手(39)=三井住友海上火災保険、下関市出身=が30日、下松市河内の久保小で講演した。3~6年の児童と保護者、地域住民計310人を前に、努力を続けることの大切さや周囲の支えの温かさについて語った。

...    
<記事全文を読む>