競歩の競技力向上や普及を目的とした「第7回長崎陸協競歩大会」(日本陸連など後援)が11日、諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で開かれる。この夏のリオデジャネイロで、3大会連続となる五輪出場を果たした男子50キロ競歩の森岡紘一朗(諫早高-順大-富士通)も、一般男子1万メートルに出場。国際レベルの美しいフォームとスピードを披露する。

 実施種目は▽小学男女各1000メートル▽中学男女各3000メートル▽高校女子3000メートル▽高校男女各5000メートル▽一般男女各5000メートル▽一般男女各1万メートル。一般男女各1万メートルには、森岡に加え、男子の高橋英輝(富士通)、女子の岡田久美子...    
<記事全文を読む>