伊勢市出身のアテネ五輪女子マラソン金メダリストの名を冠した「野口みずき杯中日三重お伊勢さんマラソン」(伊勢市、県、三重陸上競技協会、中日新聞社などでつくる実行委主催)が三、四の両日、同市朝熊町の県営サンアリーナを発着点に開催される。初日はウオークの部に加え、今大会から新設されたバリアフリーランを実施。二日目はランニングの部があり、全国から総勢一万二千六十八人がエントリーした。

 今大会も昨年と同じコースで実施。ランニングの部は、自動車専用道路「伊勢二見鳥羽ライン」を利用する。

 ウオークの部は、サンアリーナ周辺の自然豊かな約六キロを歩くコースで、親子連れら三千二百三十一人がエントリー。一・...    
<記事全文を読む>