控えの菊池が存在感を増している。全27試合に出場し、出場時間は11月までの平均14分から、今月は17分に伸びた。日本国籍取得選手の坂本や外国人のファウルが多くなった時に交代出場し、試合が壊れないよう守備で粘りを見せる。

 191センチ、90キロで、元々外国人相手でも1対1で戦える体の強さはあった。今はマッチアップ相手を警戒する一方、周りの選手のカバーに向かうタイミングをつかみつつある。大阪戦では、昨季bj秋田のエースだったフォワード、ロビーをマークする予定。ロビーのドライブを防ぎつつ、ゴール下の守りに加勢する。

 ハレルソンのマークを担う坂本やホワイトはファウルを重ねればベンチに下がらざる...    
<記事全文を読む>