バスケットボール男子、B1東地区4位の仙台は29、30の両日、大阪市の府民共済スーパーアリーナで西地区3位の大阪との年内最終カードを戦う。28日は仙台市のHALEOドームで最終調整した。

 大阪の3点シュート成功率はリーグ2位の37.5%で、リーグ最下位で28%の仙台と大きな差がある。208センチ、125キロでシューターのハレルソン、3点シュート成功率リーグ7位の41.1%の相馬らを擁す。

 仙台は年明けに1月17日のA東京(東地区2位)戦、同21、22日のSR渋谷(中地区3位)戦と、旧NBL勢とのカードが続くだけに、旧bj勢の大阪戦で連敗を3で止めておきたい。

 間橋監督は「一人一人がマー...    
<記事全文を読む>