バスケットボール男子、B1東地区4位の仙台は29、30の両日、大阪市の府民共済SUPERアリーナで西地区3位の大阪との年内最終カードに臨む。27日は仙台市のHALEOドームで約2時間、練習した。

 大阪のセットプレーに対する守備の動きを確認。対戦形式のメニューでは、ネパウエがゴール下を果敢に攻め、シュートをねじ込んだ。

 仙台は3連敗中で7勝20敗。23、24日の名古屋D(西地区2位)戦では、初日に3桁失点で完敗。2日目は僅差で敗れた。

 大阪は2連敗中で15勝12敗。210センチ、120キロのセンター、ギブソンがゴール下の起点となる。元NBA選手のフォワード、ハレルソンは208センチ、12...    
<記事全文を読む>