バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)は25日、各地で第13節が行われた。中地区6位(最下位)の信州ブレイブウォリアーズは千曲市戸倉体育館で西地区5位の香川ファイブアローズと対戦し、73―96で敗れた。信州の通算成績は7勝19敗。順位は6位のまま。

 信州は第1クオーター(Q)はゾーン守備が機能してほぼ互角の展開だったが、第2Qは外角のシュートが決まらず10得点に終わり、香川に19点のリードを奪われて前半を終えた。後半も流れを変えられないまま、点差を広げられた。

 信州は来年1月2、3日に千曲市戸倉体育館で西地区6位(最下位)の鹿児島レブナイズと対戦する。

...    
<記事全文を読む>