バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は25日、盛岡市の県営体育館などで行われ、東地区の岩手ビッグブルズは中地区5位の奈良に66-82で敗れ、連勝は3で止まった。通算6勝20敗。奈良は8勝18敗。

 岩手は第1クオーターに15-25と引き離されるとリズムを失い、その後巻き返せなかった。

 西地区首位の熊本は群馬に86-67で勝ち、22勝4敗とした。東地区1位の群馬は19勝7敗。FE名古屋は愛媛に92-72、広島は山形に74-65で勝ち、ともに20勝6敗とした。

 岩手の次戦は来年1月2日、東京都・大田区総合体育館で中地区3位の東京Zと対戦する。午後3時試合開始。【写真=岩手-奈良 第2ク...    
<記事全文を読む>