プロバスケットボールB1第14節は25日、各地で交流戦5試合を行った。栃木ブレックスはブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で中地区5位の横浜に84-69と、年内ホーム最終戦を勝利で飾った。2連勝で通算成績20勝5敗、勝率で並んだA東京を得失点差で上回り、東地区首位に返り咲いた。

 前半は完全にブレックスのペース。第1クオーターはライアン・ロシターのゴール下での得点や、ジェフ・ギブスのオフェンスリバウンドから竹内公輔(たけうちこうすけ)が決めて流れをつかんだ。第2クオーターも勢いは衰えず。

 後半に入るとリードを10点詰められた。最終第4クオーターは渡辺が12得点と爆発。再び主導権を握...    
<記事全文を読む>