「希望郷いわて国体」で県勢は、本大会の全競技を通じ2年ぶりの団体優勝となった弓道成年女子近的(初優勝)、準優勝のなぎなた少年試合、3位のバスケットボール成年女子が表彰台に上がるなど、女子団体種目での活躍が光った。

 弓道成年女子近的はいずれも競り合いを制して勝ち上がり、結束力を武器に決勝で快勝。遠的最下位から奇跡的な巻き返しを見せ、競技関係者や本県関係者をうならせた。齊藤美喜子監督の「だれも優勝すると思っていなかったでしょう」という言葉が印象的だった。

 秋田銀行勢を主力としたバスケットボール成年女子は毎年安定した力を見せ、表彰台の常連になっている。フェンシングは成年女子と少年女子が前年の...    
<記事全文を読む>