バスケットボール男子Bリーグ1部の富山グラウジーズ(中地区最下位)は25日、富山市総合体育館でシーホース三河(西地区首位)に85-102で敗れた。通算成績は3勝24敗。

 富山は第1クオーター、水戸や宇都がシュートを決め切れず、8点のリードを許した。第2クオーターはウィラードやヴァイニーらが得点を決めたものの、相手日本人選手の精度の高いシュートに苦しみ、得点差を縮めることができなかった。

 後半は一時2点差まで迫ったが、次第に攻撃が単調に。リバウンド争いに競り負けて速攻を許すなど主導権を相手に握られて突き放された。宇都がチーム最多の20得点と気を吐いた。

 次戦は29、30の両日に秋田市立体...    
<記事全文を読む>