仙台は年内ホーム最終戦を白星で飾ることはできなかった。ロースコアに持ち込むまでは狙い通りだったが、終盤のもう一押しが足りなかった。

 第4クオーター残り約1分20秒で65-70。ドライブで相手守備を引き付けた石川から、外で待っていた熊谷がパスを受ける。入れば2点差に迫る3点シュートを狙ったが、猛スピードで駆け寄る相手選手が目に入り「気になってしまった」。シュートはリングに当たらず、そのまま相手の手に渡った。

 熊谷は8試合ぶりの2桁得点となる13点を挙げた。それでも「大事なシュートを外した。気持ちで負けていたのかもしれない」と浮かない表情だった。

 チームのホーム連敗は9となったが、前日から...    
<記事全文を読む>