プロバスケットボールB1第14節は24日、各地で交流戦9試合を行った。栃木ブレックスはブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で中地区5位の横浜に76-71の勝利を収めた。通算成績を19勝5敗とし、既に今節2試合を消化した東地区首位A東京とのゲーム差を0・5に詰めた。

 ブレックスは試合開始直後、ライアン・ロシターの連続得点で先手を取ったが、その後は一進一退となり第1クオーターは17-17。第2クオーターはジェフ・ギブスの3点プレーなど連続7得点もあってリードを築いた。

 後半は相手が粘り、拮抗(きっこう)した展開。6点リードで迎えた最終第4クオーターは、田臥勇太(たぶせゆうた)の鮮やか...    
<記事全文を読む>