バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)は24日、各地で第13節が行われた。中地区6位(最下位)の信州ブレイブウォリアーズは千曲市戸倉体育館で西地区5位の香川ファイブアローズと対戦し、87―85で逆転勝ちした。連敗を8で止めた信州の通算成績は7勝18敗。順位は6位のまま。

 信州は第1クオーター(Q)序盤は3連続得点でリードしたものの、香川の近に5本の3点シュートを決められて逆転を許した。第2Qはゾーン守備が機能したが、なかなか点差を縮められず、37―46で前半を終えた。それでも第3Qにゾーン守備からカーターの3点シュートや速攻を決めて逆転に成功。第4Qも勢いを保って23点を奪い、香川を...    
<記事全文を読む>