1部は9試合を行い、レバンガ北海道は京都・田辺中央体育館で西地区4位の京都を75―64で下し、連敗を3で止めた。通算成績を7勝19敗とし、東地区4位に浮上した。

 レバンガは第1クオーターに11―23と出遅れたが、3点ビハインドで迎えた第4クオーターに桜井やミラーらの活躍で逆転した。

 東地区首位のA東京は中地区トップの川崎に106―92で快勝し、20勝目(5敗)を挙げた。川崎は連勝が15で止まり、23勝4敗。

 レバンガは25日も田辺中央体育館で京都と対戦する。

...    
<記事全文を読む>