バスケットボール男子のBリーグは23日、シティホールプラザアオーレ長岡などで4試合が行われ、東地区3位の千葉は90-91で中地区2位の新潟に競り負け、連勝が13で止まった。

 千葉は富樫が34得点、9アシストをマーク。終盤には2度の3点シュートを決めて、逆転に導くなど活躍したが、1点及ばず。10月30日のA東京戦以来の敗戦を喫し、18勝8敗。

 中地区首位を走る川崎は東地区トップのA東京を93-81で下し、15連勝で23勝3敗とした。川崎は45-44で折り返すと、後半にファジーカスらの活躍でリードを広げた。A東京は19勝5敗。

 西地区2位の名古屋Dは仙台に101-68で快勝し、16勝目(1...    
<記事全文を読む>