バスケットボール男子・Bリーグ2部のパスラボ山形ワイヴァンズは24、25の両日、南陽市民体育館で広島(西地区)と対戦する。年内最後の試合。棟方公寿ヘッドコーチ(HC)が「これまでの対戦チームの中で1番強い」と評価する強豪相手に、攻守ともに開幕から積み重ねてきた力が問われる。

 現在、19勝5敗で西地区2位の広島。元日本代表の佐古賢一氏が指揮を執る。第12節終了時点で平均得点は2部トップの80.7点。平均失点は68.5点で攻守ともに結果を残している。日本代表経験のあるパワーフォワード山田大治、インサイドだけでなく外角も強いフォワードのコナー・ラマートらが主力で、棟方HCは「選手のキャリアも...    
<記事全文を読む>