旧bjの横浜との初戦で連敗を止めたのは良かったが、それ以上に、勝てる相手に連勝できなかったことが痛い。2戦目は劣勢でも、終盤までは接戦で持ちこたえていた。しかし、拙攻で勝機を失った。

 第4クオーター残り約3分、ホワイトがディフェンスリバウンドを奪いドリブルで攻め上がり、すぐに3点シュートを放った。シュートが外れると、ホワイトはリバウンドに突っ込みファウルを犯し、フリースローを与えた。速攻から点差を5に縮められる好機で、逆に9点差に広げられた。

 ホワイトは得意とする中に切り込むプレーを選択すべきだった。この時、横浜のチームファウルは4個。(5ファウルからはシュート体勢でなくてもフリースロ...    
<記事全文を読む>