バスケットボール男子、B1東地区4位の仙台は23、24の両日、仙台市のカメイアリーナ仙台で西地区2位の名古屋Dとの年内ホーム最終カードに臨む。21日は仙台市のHALEOドームで約2時間、練習した。

 名古屋Dの攻撃のフォーメーションを想定し、守備練習。速攻の連係確認では、坂本が素早い攻守の切り替えを見せていた。

 仙台は7勝18敗。17日のアウェー横浜(中地区5位)戦で連敗を12で止めたが、18日の同カードでは終盤に引き離されて敗れた。名古屋Dとは9月にプレシーズンマッチを行い、激しい守備に圧倒され、59-72で完敗している。

 名古屋Dは3連勝中で15勝10敗。外に身長190センチ前後の日...    
<記事全文を読む>