プロバスケットボールチーム「青森ワッツ」の公認第1号のジュニアクラブで、下北を拠点とする「横浜クラブ」(杉山大栄会長)が活動4年目を迎えた。学校の枠を超えて切磋琢磨(せっさたくま)し合う環境や、ワッツ選手との交流によって、子どもたちの実力は着実にアップ。クラブを運営する保護者らは「プロや実業団の選手が育っていく土壌が地元に生まれれば」と期待する。

...    
<記事全文を読む>