バスケットボール男子Bリーグ1部の富山グラウジーズ(中地区最下位)は18日、千葉県の船橋市総合体育館で千葉ジェッツ(東地区3位)と戦い、65-90で敗れた。通算成績は3勝22敗。

 富山は相手に3点シュートを次々と決められ、序盤から常にリードを許す苦しい展開。攻撃の起点となる城宝が徹底的にマークされて8得点にとどまり、山崎も5得点で攻め切れなかった。宇都が16得点と存在感を発揮した。

 ボブ・ナッシュヘッドコーチは「相手は最後まで集中力を切らさず、ボールを回していた。自分たちのオフェンスを出すことができなかった」とコメントした。

 次戦は24、25の両日、富山市総合体育館でシーホース三河(西...    
<記事全文を読む>