バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は18日、愛知県刈谷市のウィングアリーナ刈谷などで行われ、中地区の三遠は西地区首位の三河に64-87で敗れ、12勝13敗となった。

 三河 19勝6敗 87(34―22 16―16 24―10 13―16)64 三遠 12勝13敗 ■三河に力負け 三遠は三河とシュートの精度に差が出た第1クオーターに12点差とされたのが痛かった。一度も追い付けないまま試合が終わり、岡田主将は「タレントが上のチームに対して追い掛ける展開はきつい」と嘆いた。

 12月は白星なしの6連敗で12勝13敗と黒星が先行した。藤田ヘッドコーチは「自分たちの立ち位置がこの6試合で分...    
<記事全文を読む>