バスケットボール男子Bリーグ2部の青森ワッツは18日、高松市総合体育館で香川ファイブアローズと対戦し、69―91で大敗した。連勝は4でストップ。通算成績を11勝13敗とし、順位は東地区5位のまま。

 ワッツは第1クオーター(Q)から先行を許し、その後もじりじりと点差を広げられた。試合を通じてシュートやフリースローの精度を欠き、最後まで点差を縮めることができなかった。

 次節は24、25の両日、八戸市東体育館でアースフレンズ東京Zと対戦する。

...    
<記事全文を読む>