バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)のレバンガ北海道が、札大4年の田原隆徳(22)と特別指定選手で契約することが18日分かった。野口、多嶋、西川に続く4人目の道内出身選手で、背番号は昨季までティルマンが付けていた33を予定している。19日にも発表する。

 札幌生まれで身長181センチ、体重80キロ。恵庭南高から札大に入学し、エースとして活躍。今年11月下旬の全日本大学選手権では初戦の名古屋学院大戦で34得点と活躍し、初戦突破に大きく貢献した。

 田原は昨季と今季、レバンガにけが人が出た際に実戦的な5対5の練習要員として参加。優れたシュート力がチームに評価された。大学ではスモールフォワー...    
<記事全文を読む>