バスケットボール男子のBリーグは17日、船橋市総合体育館などで行われ、千葉は富山を91-87で下した。球団の連勝新記録を12に伸ばし17勝7敗とした。

 千葉は一進一退の攻防の末、第4クオーター序盤にリードを許すが、小野の3点シュートが決まり同点。直後に石井、ストーンが連続得点し、逆転した。

 西地区首位の三河は三遠を88-72で下し、18勝6敗とした。名古屋DはSR渋谷に97-67で快勝、大阪は琉球を76-67で退けた。名古屋D、大阪はともに14勝10敗。

 千葉は18日も午後4時から同会場で富山と対戦する。◆「勢い」自信に、冷静貫く 土壇場で奮起できるところに、今の千葉の強さがある。

 中...    
<記事全文を読む>