熊谷が横浜戦に不振脱却を懸ける。11月26日の秋田戦以降、旧bj勢相手の3カード計6試合で57本のシュートを放ち、成功は10本。「迷いが出ているが、気持ちを強く持って結果を出す」と自分に言い聞かせる。

 攻撃で求められる仕事は外からのジャンプシュート。成功率が落ちている分、横浜の警戒が弱くなることも想定される。間橋監督は「入らなくても打つべきところで打つことで、周りの選手がリバウンドに飛び込める」と言う。

 今週はチーム練習前にシュートを打ち込むなど、必死にもがいた。「成績が出ていない今、パスが欲しいと言えないが、決めるべき場面で決めたい」 元々、守備には定評がある。横浜戦でも、元日本代表...    
<記事全文を読む>