バスケットボール男子・Bリーグ2部東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは17、18の両日、山形市総合スポーツセンターで西宮(中地区)と対戦する。2部トップクラスの得点力を誇る相手に対し、棟方公寿ヘッドコーチ(HC)は「守備力が試される」と気を引き締めている。

 山形は16日、試合会場で調整した。前節の東京Z戦は第4節以来の同カード連勝。2試合ともにフィールドゴール決定率は50%台で「インサイドでシンプルに2点を積み重ねた」と棟方HC。「ここ数試合、スタメン以上に途中出場の選手が頑張ってくれている」と評価する。

 対戦相手の西宮は15勝7敗で中地区2位(第11節終了時点)。昨季NBLに所属してお...    
<記事全文を読む>