2020年東京五輪に向けたバスケットボール男子日本代表候補選手の合宿が13日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で報道陣に公開された。セルビア出身のルカ・パビチェビッチ監督代行の下、守備の連係確認に時間を割いたメニューで、篠山(川崎)は「頭を使った練習になった。レベルアップにつなげたい」と話した。

 この日は2組に分かれて練習し、片岡と坂本(ともに仙台)、富樫(千葉)ら19人が参加した。パビチェビッチ監督代行は選手の動きに目を光らせ「日本の選手の質は高いが、もう少し向上しないといけない」と印象を語った。

 18~20日にも別の選手が参加して合宿が行われる。

 初めて日...    
<記事全文を読む>