バスケットボール男子Bリーグ1部の富山グラウジーズ(中地区最下位)は10日、富山市総合体育館で滋賀レイクスターズ(西地区最下位)に90-71で快勝した。連敗は5でストップし、通算成績は3勝19敗。主将の城宝は第3クオーターの終了間際にシュートを決め、bjリーグ時代と合わせてプロ通算7千得点を達成した。

 富山は3点差で迎えた第3クオーターに得点を量産。岡田や城宝の3点シュートで勢いに乗ると、守備面でもウィラードや宇都がリバウンドを奪って、相手に思い通りのプレーをさせなかった。

 城宝がチーム最多の27得点したほか、ウィラードは得点とリバウンドの2部門で2桁をマークする「ダブルダブル」を達成...    
<記事全文を読む>