バスケットボール男子Bリーグ1部西地区4位の琉球ゴールデンキングスは10日、沖縄市体育館で第22戦を戦い、東地区2位の栃木ブレックスに69-80で敗れた。キングスの連勝は2で止まり、通算成績は10勝12敗。

 第1Qは途中出場の津山尚大が6得点と攻撃を引っ張り1点リード。第2Qは喜多川修平、レイショーン・テリーがリングを攻め、金城茂之の3点弾も決まって39-38で前半を折り返した。

 だが、第3Qで栃木がそれまで落としていたシュートを決めだした一方で、得点を抑え込まれ、53-61と逆転を許した。第4Qも栃木ペースで試合が進み、引き離された。

 次戦は11日、同体育館で栃木と第23戦を行う。<...    
<記事全文を読む>