日本バスケットボール界のスターが、沖縄で初めてコートに立った。栃木の司令塔で元NBAプレーヤーの田臥勇太が、14得点4アシストと実力を遺憾なく発揮した。「琉球も勢いがあって、タフな試合だった」と汗を拭った。

 リング下に切り込んで自ら得点するのはもちろん、シュートと見せかけて出すパスや、ノールックパスと華麗なプレーに会場が沸いた。

 11点差勝利に「勝負どころで攻守とも我慢できた。最後まで集中力を切らさなかった」と振り返った。

 キングスのホームについては「さすがバスケットの都市だなと思った。やっててすごく楽しかった。日本全体のバスケットを一緒に盛り上げていけたら」と語った。
<...    
<記事全文を読む>