バスケットボール男子Bリーグ3部レギュラーシーズン(10日)金沢武士団(サムライズ)は白山市の松任総合運動公園体育館でアイシンAWアレイオンズ安城と対戦、105-67として、今季初の100点ゲームで連勝を3に伸ばした。金沢は通算5勝2敗で9チーム中、2位に浮上した。

 金沢は第1クオーター序盤から連続10得点を決めるなど試合の主導権を握った。その後もアンドリュー・フィッツジェラルドら外国人勢が積極的なプレーで得点を重ね、井手勇次も要所で3点シュートを沈めるなど終始、アイシンを圧倒した。

...    
<記事全文を読む>